So-net無料ブログ作成

羽生結弦のおすすめ画像・YouTube動画紹介ブログ

羽生結弦の最新のおすすめ画像やYouTube動画を紹介しているブログです。羽生結弦ファンはぜひ!

 

【フィギュア仲良し写真】メディアが羽生結弦を追い詰める?韓国キム・ヨナも無言の重圧に… [羽生結弦 写真 韓国]

54.jpg

12月に20歳を迎えたばかりの羽生結弦選手。

3年後に韓国で開催される平昌オリンピックのときは23歳になります。

選手として今まで以上に多くの経験を積み、肉体的にも精神的にも成熟期となっていることでしょう


多くのプレッシャーや若手ライバルの台頭、加え多忙なスケジュールで体調管理も今まで以上に必要です。

こういった精神的な重圧は、オリンピック王者として誰しも抱えることでしょう。


かつて、同じような状況に悩まされる選手がいました。

2010年のバンクーバーオリンピックの女子フィギュアスケートで優勝した、韓国のキム・ヨナ選手です。


実は、キム選手は羽生選手と同じくブライアン・オーサーコーチの教え子。

両チャンピオンを指導してきたオーサーコーチは、「韓国のマスメディアはいつも大げさで、大変なプレッシャーをヨナにかけます。」と、メディアが1人の選手を苦しめている状況を悲観します。


羽生選手も、中国杯での衝突事故や手術のことなど、ファンのみならず、マスコミが過剰ともいえる反応を見せていました。


また、アジアの選手に多くみられるという「苦しくて辛い練習を数多くこなすほど良い」という考え方も、アスリートを追い詰める原因になるといいます。

キム選手や羽生選手も例外ではなく、「練習しすぎる」ことがかえってケガを引き起こしやすく、結果マイナスになってしまうのです。

キム選手は「練習量を減らすこと」を課題としていたこともあったとか。


そしてもう1つ、金メダリストに求められるのは、「王者らしくしなければならない」ということです。

バンクーバーオリンピックで引退することを考えていたというキム選手。。

しかし、国民の無言のプレッシャーを感じ、引退は許されない雰囲気だったそう。

銀メダルだったソチオリンピックのキム選手を見たオーサーコーチは、「ヨナは明らかに義務的に滑っていた」といいます。


羽生選手がこれからさらに上へのぼっていくには、今のようにがむしゃらに練習するだけではなく、オーサーコーチいわく「シーズンのピークを意識して調節する」ことが必要になっていくのだそうです。

すべての試合、すべてのアイスショーで全力をみせるのではなく、ミスも受け入れること、リラックスして臨むことが大切なのだとか。


”完璧”を目指しがちな羽生選手。

しかし、そのことがかえって自分を痛めつけることになります。

韓国での平昌オリンピックを、ケガなくベストなコンディションで迎えるためにも、自身の意識の持ち方を変えていく必要がありそうです。

0142.jpeg
↑お茶目なポーズの羽生くん。

YUZURU [ 羽生結弦 ]

YUZURU [ 羽生結弦 ]
価格:1,944円(税込、送料込)






スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。